NEWS

  • 地域

売上高は370億円で11%増、経常3億円見込む  キシヤ    10年3月期、大型受注決定で


 医療器械販売、医療関係コンサルティングの株式会社キシヤ(福岡市東区松島1丁目、末石藏八社長)は、2010年3月期決算で売上高が370億円の前期比11%増、経常利益が3億円を見込んでいる。
 今期は、九州医療センター(福岡市中央区)や、福岡県八幡済生会総合病院(八幡東区)、佐世保市立総合病院(長崎県佐世保市)などの大型受注が決まったことなどから4期連続の増収する見通し。末石社長は「業界は厳しい状況が続いている中、当社では本当に喜ばれる地域医療への貢献という考え方の業務活動で順調に売上を伸ばしている。今後は、長崎、熊本などの医療機関への業務も強化し、社全体で必要とされる企業として業界トップに立ちたい」と話している。
同社は1968年設立、資本金は3000万円。従業員数は270人。09年3月期売上高は330億円。末石社長は佐賀県唐津市出身。1947年6月4日生まれの62歳。佐賀県立唐津東高校卒。趣味は読書。