NEWS

  • 地域

売上高は前期比2・9%増の161億円  福岡放送    経常利益は2・8%減の26億円


 株式会社福岡放送(福岡市中央区清川2丁目、足立久男社長)の16年3月期決算は、売上高が前期比2・9%増の161億4505万円、経常利益が同2・8%減の26億917万円で増収減益だった。
 放送事業収入は好調な視聴率を背景に前期比2・3%の増収。放送外事業収入は「モネ展」の開催などで催物収入が大きく増加し、同10・9%増となった。利益面では深夜・早朝番組の制作費や催物費、放送設備の維持管理費などが増えた結果、営業費用は売上高の伸び率を上回る4・2%の増加となり、当期純利益は前期比1・8%減の16億9715万円となった。