NEWS

  • 地域

売上微減も経常益は黒字転換  越智産業    通期は増収増益の見通し


 建築資材、住宅設備機器卸の越智産業株式会社(福岡市中央区那の津3丁目、越智通広社長)の2011年3月期第1四半期連結決算は、売上高が157億51百万円で前年同期比0・1%減、経常利益が1億2百万円(前年同期は93百万円の赤字)で黒字転換した。
 期間中の新設住宅着工戸数は前年同期比1・1%減で推移。その中でグループ内の一部統合・再編を進めたほか、関係会社を増やし木造軸組プレカット事業の充実を図るなどした。営業損益は22百万円の赤字(同2億17百万円の赤字)。当期純利益は4千万円(同53百万円の赤字)だった。通期は売上高が前期比1・9%増の690億円、経常利益は同13・9%増の4億8千万円を見込んでいる。