NEWS

  • 地域

埼玉県久喜市の物流基地が稼働  グリーンクロス    近郊地域の拠点構築進める


 工事現場向け安全機材の販売、株式会社グリーンクロス(福岡市中央区小笹5丁目、久保孝二社長)が埼玉県久喜市に建設していた物流基地「関東ロジスティクス」がこのほど完成し、2月1日から稼働を始めた。
 関東、東北地区の営業が好調なことから物流基地を開設し、東日本エリアにおける本格的な積極展開の柱とする。場所は東北自動車道久喜インターチェンジ北西側。敷地面積5332平方m、建築面積2018平方m、延べ床面積2740平方m。物流倉庫に2階建ての事務所を併設している。事務所は「関東営業所」として責任者に新田将司常務が就任、10人体制でスタート。状況を見ながら25人前後まで陣容を拡大したい考え。今後は関東地区を中心に近郊地域の拠点構築を進める方針で、来期(2015年4月期)中に4~5カ所の営業所開設を計画している。久保社長は「徐々に事業基盤が整いつつある。将来的には東日本エリアを全体の4割近くまで伸ばしていきたい」と話している。
 同社は1969年1月創業、71年7月設立。資本金6億9726万円、96年12月福岡証券取引所上場。2014年4月期売上高見込みは96億6600万円。従業員446人。久保社長は長崎県出身、1971年2月1日生まれの43歳、大阪教育大学中退。