NEWS

  • 地域

城南区別府4丁目に13階建てマンション  北九州市のタイヘイ    105戸、完成は来年3月


 分譲マンション販売のタイヘイ株式会社(北九州市小倉北区片野4丁目、伊藤俊樹社長)は、福岡市城南区別府4丁目に13階建て、総戸数105戸の分譲マンションを建設する。着工は2月20日、完成は来年3月。
 UR(都市再生機構)が公売にかけていた用地で、同社が坪(3・3平方m)63万円で落札した。マンション名は「サングレード別府の杜アルカンフォーレ」。場所は地下鉄別府駅から徒歩5分のUR団地内。敷地面積5982平方m、延床面積は9970平方m。ファミリー向けに2LDKから4LDKまでを揃える。販売価格帯は2470万円から4880万円、最多販売価格帯は3000万円に定める。容積率(150%)を一杯に使った設計が特徴で、1階の住居には専用庭、2階から上の住居にはルーフバルコニーを設置する。藤昇福岡支店長は「建築不況の最近では珍しい大型物件になったが、マンション需要は徐々に回復に向かうだろう。完工完売はおそらく難しいので、2、3年のスパンで完売を目指す」と話している。