NEWS

  • 地域

地球温暖化防止環境大臣表彰で受賞  KFT    省エネの新冷暖房システムが評価


 新冷暖房システムを展開するKFT株式会社(福岡市博多区店屋町、二枝崇治社長)は11月27日、地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品化部門)を受賞した。
 受賞したのは、光(遠赤外線)エネルギーを利用した冷暖システム「光冷暖システム」で、エアコンの50%の省エネ効果を持ち、家庭だけでなく農業分野など幅広く活用できる点が評価された。二枝社長は「受賞できたのは、これまで支えていただいた方々のおかげ。これを励みに普及に努め、国内だけでなく海外展開にも注力していきたい」と話している。
 同賞は、環境省が1998年から地球温暖化対策を推進するための一環として、温暖化防止に顕著な功績のあった個人や団体を「技術開発・製品化部門」、「対策技術先進導入部門」、「対策活動実践・普及部門」、「環境教育活動部門」、「国際貢献部門」の5部門で表彰している。今年は197件の応募があった。
 同社はグローバル展開を視野に14年8月、「石の癒株式会社」から現社名に変更。1999年3月設立、資本金1億円、決算期2月、従業員約140人。