NEWS

  • 地域

国際貢献賞に香椎浜小PTAなど2団体  福岡市    フィリピン支援のNPOも


 福岡市は9月28日、市を拠点に国際貢献活動に取り組む個人・団体を顕彰する「福岡市市民国際貢献賞」の受賞者を発表した。
 受賞したのは香椎浜小学校PTAの委員会、香椎浜小学校親子日本語教室よるとも会(福岡市東区香椎浜、古賀美津子代表)と、NPO法人ソルト・パヤタス(粕屋郡粕屋町、小川博代表)の2団体。香椎浜小PTAは、外国人世帯の割合が高い校区内で、ボランティアによる日本語教室を毎週開催しており、住民主体となった国際貢献活動のモデルケースと評価された。ソルト・パタヤスはフィリピンのケソン市などのスカベンジャー(ゴミ山周辺でゴミを拾い、換金して生活する人々)に向けて奨学金や学習などの支援事業を続けている団体。福岡市でも異文化交流会を開くなど積極的な活動が評価され、受賞した。
 同日に福岡市役所で2団体の代表に吉田市長から表彰状が贈られた。香椎浜小PTAの古賀代表は「世帯数の1割ほどが外国人の地区なので、住民全体で外国人家族の悩みに対応していく必要があると考え、こうした活動を始めた」と話している。