NEWS

  • 地域

商品本部内に医薬品販売のHBA推進部新設  ミスターマックス    部長に山本執行役員


 大手ディスカウントストア・株式会社ミスターマックス(福岡市東区松田一丁目、平野能章社長)は、5月1日付で商品本部内に医薬品販売を担当するHBA(Health and Beauty Aids)推進部を新設する。部長には山本毅執行役員が就任する。
 高齢化やメタボリックシンドロームなど、病気予防に対する消費者の意識の高まりを背景に、医薬品の需要が拡大していることから専門部署を新設し、医薬品の取り扱いを始めるもの。スタッフは6人。同社の主力販売品種の一角を構成するHBA、洗剤、紙綿、ベビー用品と医薬品との売場関連を重複したレイアウトや商品構成の見直し、プライシングの変更などを独立した組織で、より機動的に担当する。同社では「便利で楽しい健康・美容の売場づくりを推進する」と話している。山本氏は鹿児島県出身、1974年8月2日生まれの33歳、第一薬科大学卒。薬剤師資格取得。ドラッグストアチェーン勤務を経て、このほどミスターマックスに入社。