NEWS

    唐津店を食品DSに業態変更  マックスバリュ九州


    4月17日

    イオングループで九州内にスーパーマーケットを展開するマックスバリュ九州㈱(福岡市博多区大井1丁目、佐々木勉社長)は4月17日、佐賀県唐津市のマックスバリュ唐津店を食品ディスカウントの「ザ・ビッグ」に業態変更する。ザ・ビッグは佐賀県内では7店目、九州全体では23店目になる。
    周辺の競合もあり、価格競争力を上げるため。また近隣エリアでは、武雄店、三日月店(小城市)、江北店、白石店とザ・ビッグ業態で展開しており、ドミナント化の目的もある。12日に閉店して、売り場、商品、看板などを入れ替える。唐津店は国道204号沿いの和多田交差点東側で紳士服のフタタと同一敷地内。敷地面積は1万2452㎡、建物は2階建てで売り場は1階、2階にはスポーツデポが入居している。売り場面積は1890㎡、駐車場は279台、駐輪場は158台収容、営業時間は24時間で年内無休、従業員数は秀島和久店長以下70人、店内にはテナントでクリーニング店が入っている。

    2020年4月14日発行