NEWS

  • 地域

唐津市で分譲型小規模太陽光10区画発売  Rising Sun    1区画2005万円


 佐賀県を中心に住宅、不動産事業を手がける株式会社朝日工業(同武雄市朝日町、野畑龍彦社長)のグループ会社株式会社Rising Sun(筑紫野市、同)は8月11日、同県唐津市竹木場に49・92kWの分譲型小規模発電所10区画を販売開始した。
 1区画に設置するパネルの発電能力を50kW未満に抑えた同商品は、大型発電所と比べ、1口当たりの投資額を抑えているのが特徴。個人投資や節税対策を検討する法人に提案していく。発電所1区画あたりの敷地面積は700平方m。ジンコソーラー(中国)製の260w単結晶パネルを192枚使用しており、年間予想発電量は5万2158・2kWh。年間売電収入は202万7909円を見込んでいる。販売価格は1区画当たり2005万6000円(税込)で、諸費用を含む年間表面利回りは10・11%。同社では「再生可能エネルギー設備に投資した金額を即時償却できるグリーン投資減税の優遇期間が今年度で終了する。各社分譲型小規模発電所の発売が加速すると思われるが、当社も在庫数を増やしていきたい」と話している。
 Rising Sunの親会社の朝日工業は1965年4月設立。資本金は3000万円。14年3月期の売上高は30億円。従業員は40人。