NEWS

  • 地域

名古屋市中区に水炊き料理店  トリゼンフーズ    27店舗目


 鶏肉販売、水炊き料理店経営のトリゼンフーズ株式会社(福岡市博多区千代1丁目、河津善博社長)は9月1日、名古屋市中区に水炊き料理店を出店した。27店舗目となる。
 店舗名は「水炊き料亭博多華味鳥名古屋栄店」。飲食店を多店舗化することで、自社で生産する鶏肉ブランド「華味鳥」の認知度向上を図り、飲食店運営事業と鶏肉販売事業の相乗効果を狙う。場所は地下鉄名城線「矢場町」東側、伊勢町通り沿いの商業ビル「ワールドフラッグ栄」地下1階で、若い世代やビジネスマンをターゲットに出店した。店舗面積は232平方m、席数は86席。メニューは水炊きコースなどで想定平均客単価は6300円。営業時間は午前11時から午後3時、午後5時から午後11時。従業員は20人。河津英弘常務は「今後も未開拓地区を中心に積極的に出店していく」と話している。
 同社は1987年3月設立、資本金は6400万円、2013年9月期売上高は89億円。従業員は約450人。