NEWS

    名古屋市のスポーツ施設と協業 ヨクト


    週刊経済2021年2月2日発行

    IoT搭載のヨガマット開発のため

    システム開発のヨクト㈱(福岡市西区石丸3丁目、河野敬文社長)は1月20日、IoT搭載のヨガマット開発のため、名古屋市のスポーツ施設「テラスポ鶴舞」と協業を開始した。
    同社は、マット使用者のデータを蓄積し、同社が提供するオンラインヨガサービスと組み合わせる「YOCTOMAT(ヨクトマット)」を今年8月提供目標に開発。今回の協業では、県内のヨガ講師と名古屋市の生徒をオンラインレッスンでつなげ、IoTヨガマットで得られる重心バランスや移動データを共有、解析することで今後の開発や講師の技術力向上を狙う。河野社長は「シニア向けの健康促進プログラムや現役アスリートのリハビリなどの活用につなげていきたい」と話している。
    河野社長は1979年11月28日生まれの41歳。福岡市西区小戸出身。修猷館高校卒。趣味はヨガ。同社は2017年2月15日設立。資本金は10万円。決算期は11月。従業員数は1人。