NEWS

  • 地域

名古屋小牧―福岡線に就航  静岡県のフジドリームエアラインズ    JAL路線継承で1日5往復


 静岡空港を拠点とする地域航空会社の株式会社フジドリームエアラインズ(静岡県牧之原市、鈴木与平社長)は10月31日、名古屋空港(愛知県営豊山町)と福岡空港を結ぶ名古屋小牧―福岡線に就航した。
 日本航空が撤退を決めた路線を継承、日航とのコードシェア(共同運航)便として運航する。ブラジル製の小型旅客機エンブラエルERJ170型機(座席数76席)と175型機(同84座席)を使用、1日5往復する。所要時間は名古屋発福岡行きが約1時間30分、福岡発名古屋行きが約1時間20分。普通運賃は大人片道2万3千円(小人1万2千7百円)。最大約64%引きの事前購入割引運賃制度を導入、新幹線の通常運賃(博多―名古屋間1万78百円)に対抗する。年間17万人~18万人の利用を目指す。
 内山悟郎社長は「名古屋小牧線は、静岡、松本線に次ぐ路線。自動車産業を中心にビジネス客の底堅い需要が見込める。事前購入による割引運賃を導入し、新幹線との競合に備えていきたい」と話している。
 同社は08年6月24日設立。静岡市清水区に本社を置く物流業・鈴与の全額出資で設立した地域航空会社。資本金4億5千万円。従業員数は約160人。ブラジル製の小型旅客機エンブラエルER170型機(座席数76席)を3機、同175型機(同84席)を2機保有している。静岡空港を拠点に札幌、小松(石川県小松市)、福岡、熊本、鹿児島線をはじめ、札幌―松本線、福岡―松本線をそれぞれ運航、10月31日のダイヤ改正で名古屋―福岡線のほか、静岡―松本線、静岡経由で松本―鹿児島線に新たに就航した。