NEWS

  • 地域

古賀市と包括的連携協定を締結  九産大と九州造形短大    7月1日に


 九州産業大学(福岡市東区松香台2丁目、山本盤男学長)および九州造形短期大学(同、黒岩恭介学長)は7月1日、古賀市(竹下司津男市長)と包括的連携協定を締結した。
 同大学ではこれまでも古賀市の依頼を受け、大学生をガイド役に市バスを利用して児童を美術館に引率する「アートバス事業」や子どもを対象としたワークショップの実施など、同市役所各部署から個別で事業連携を行ってきたが、今回の協定締結でさらに協力関係を深め、連携の幅を広げることで街づくり推進や学術振興、実践学習や教育活動の拡充を図るのが狙い。今後、古賀市が取り扱う農産物や加工品ブランド化に関するパッケージデザインの開発、児童の学習支援協力を要請するほか、同大学では学生による企業の実態調査研究や映像撮影許可、リハビリ・介護支援ロボットの実証試験の受け入れ、インターンシップなどの協力要請を計画している。なお、古賀市の連携協定は福岡女学院看護大学(古賀市千鳥1丁目、西間三馨学長)に続き2件目となる。