NEWS

  • 地域

受験生向けにカツオ味の明太子せんべい  山口油屋福太郎    商品名は「勝つめんべい」


 明太子メーカー、外食資材卸業の株式会社山口油屋福太郎(福岡市南区五十川1丁目、山口毅社長)は12月10日、辛子明太子入りせんべい「めんべい」のカツオ味を発売した。
 受験生をターゲットに開発した商品で、従来の辛子明太子やイカ、タコエキスなどに加えて、カツオ風味を加えたもの。カツオの名前から、商品名を「勝つめんべい」とした。価格は、16枚入りが1箱525円(税込み)、32枚入りが1箱1050円。山口社長は「めんべいには、たくさんの栄養が詰まっている。受験生のおやつや夜食として食べてほしい。寒い冬にも丈夫な体で受験を乗り越えて、合格してほしい」と話している。
 同社は1909年3月創業、55年1月設立。資本金は1000万円。出先は飲食ビル「天神テルラ」、直営店、和食店、温浴施設。山口社長は福岡市早良区出身、36年2月23日生まれの77歳、趣味は8ミリカメラ。