NEWS

  • 地域

双一開發が宮若市に9070平方mの工場用地  福岡県許可開発事業    新たに8件


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターが5月1日にまとめた、福岡県都市計画課の許可を新たに受けた市街化区域(1000平方m以上)および市街化調整区域(第2種特定工作物を除き都市計画法第34条に該当するもの)、未線引都市計画区域(3000平方m以上)の開発事業は計8件だった(前回調査は4月8日、自己居住用のみは除く)。
 今回の調査で開発面積が1万平方mを超える届出はなかった。5000平方mを超えるのは、株式会社双一開發(宮若市宮田、島本正典社長)が同市鶴田今橋に建設する工場・事業場用地の9070平方m、株式会社イエス1(粕屋郡志免町志免4丁目、青木妙子社長)が同郡須恵町大字上須恵字東原などに開発している宅地分譲地の9080平方m(28区画)、オリックス・アルファ株式会社が飯塚市弁分字門ノ町に建設しているヒマラヤ飯塚店造成工事、8206平方mの3件だった。詳細は表の通り。