NEWS

  • 地域

厚労省の教育訓練給付制度講座に  サイバー大学    受講料2割の3万5600円給付


 インターネット通信制のサイバー大学(福岡市東区香椎照葉3丁目、吉村作治学長)は9月3日、厚生労働大臣の指定制度で労働者が主体的に能力開発するのを支援する「教育訓練給付制度指定講座」の指定を受けた。
 同制度は雇用の安定などを図るため、労働者が費用を負担して一定の教育訓練を受けた場合、その教育訓練に要した費用の一部を支給するもの。指定期間は10月1日から2012年9月30日までの2年間。対象者は指定講座の情報セキュリティを学ぶ情報セキュリティコース、プログラミングを学ぶJAVA&DBMSコース、デジタル情報を学ぶコンテンツ技術コースのうち、1コース4科目の履修修了者で雇用保険の一般被保険者、または一般被保険者であった者。登録料1万円を含む受講料17万8000円の2割の3万5600円が給付される。同大学では「今後も安定した質の高い教育と複眼的な教養を身につけられる場を提供したい」と話している。