NEWS

  • 地域

博多駅東2丁目に居酒屋・カラオケ店  ボナー     約2億円かけ5階建てビル改装、今夏オープン


 ウチヤマグループの1社でカラオケ、飲食事業を展開する株式会社ボナー(北九州市小倉北区熊本2丁目、生嶋伸一社長)は今夏をめどに、福岡市博多区博多駅東2丁目の5階建てビル「スライビィング84」を1棟借りし、総工費約2億円を投じ居酒屋とカラオケ店の複合店舗を出店する。
 これは2011年の九州新幹線の開業を見越し出店するもので、1棟借りでの複合出店は北九州、大分、宮崎に次いで4店舗目。ビジネス層をメーンターゲットとし、1、2階を個室タイプ中心の総数200席の和食居酒屋、3~5階はカラオケ店「コロッケ倶楽部」(40~50室)を出店する計画。延べ床面積は約1926平方mで、4月1日から店舗内装などに着手する。店舗名は未定。歌野繁美専務は「同店舗を旗艦店的な位置づけにし、今後は他の地区でも都心部の繁華街を中心とした店舗出店を計画している」と話している。
 同社は1971年6月設立。資本金8480万円。従業員1766人。09年3月期はグループ年商150億円を見込んでいる。