NEWS

  • 地域

博多駅前4丁目に14階建てマンション  えん    総戸数147戸うち35戸が分譲


 投資家向け資産運用型マンション販売の株式会社えん(福岡市中央区大名2丁目、原田透社長)が、博多区博多駅前4丁目に建設していた14階建てマンションがこのほど完成。7月上旬から入居を開始する。シリーズ79棟目。
 場所は博多消防署前交差点西側、県営住宅東領団地向かい。マンション名は「エンクレストGRAN博多駅前」。敷地面積は1297・75平方m、延べ床面積は7538・81平方m(建物全体)。総戸数は147戸で、間取りは2LDK(住居専有面積55・05平方m)20戸1LDK(同50・01平方m)15戸。2K(同32・43平方m)32戸。1K(同26・08平方m)80戸。で構成。全室高速インターネット設備に加え、物件各所に防犯カメラが設置され24時間遠隔監視システムが装備。予定販売価格は1530万円~2890万円で、7月5日には棟内モデルルームが期間限定でオープンする。
 同社は「開発著しい博多駅前の環境ならではの都市型融合物件。是非モデルルームを見てほしい」と話している。

 7月6日、経済アナリスト森永氏による無料セミナー

 また同社は7月6日、アクロス福岡(福岡市中央区天神1丁目)地下2階イベントホールで、経済アナリストとして活躍する森永卓郎氏を招いた特別セミナーを開催する。
 創立25周年記念事業の一環として実施するもので、当日は「日本経済の行方とインフレ時代の資産防衛術」と題し、森永氏が90分の基調講演を行う。開場は午後1時半、開演は同2時で、講演後は「主催者おしらせ」に続き、景品などが当たる抽選会も行う。定員は900人で参加費は無料。申込み締め切りは6月25日で、インターネットからのみ受け付けている。