NEWS

  • 地域

博多駅前3丁目の立体駐車場運営を開始  名古屋市のエムテック    福岡7カ所目


 立体駐車場の経営、管理などの株式会社エムテック(名古屋市中区栄5丁目、増田清社長)は6月1日、福岡市博多区博多駅前3丁目にある立体駐車場の運営管理を開始する。
 同社は、駐車場オーナーからの借り上げによる駐車場運営を展開している。現在、福岡では大手門、警固、大名、渡辺通、店屋町、舞鶴の6カ所を運営しており、今回で7カ所目。場所はサットンホテル博多シティ東隣。また、今回の運営開始に伴い駐車場の名称を「エムテック博多駅前3丁目パーキング」に変更する。月極と時間貸しの併用で、収容台数は88台。営業時間は午前7時から午後11時。料金は4時間500円で最大料金は800円。また、駐車したまま翌日を迎えても、営業時間外の駐車料金は無料となる。同社は「博多駅エリアでの運営は初。KITTE博多やJRJP博多ビルのオープンなどでにぎわいを増した好立地に看板を掲げることで、PRにつなげたい」と話している。
 同社は2000年9月設立。資本金は4100万円。従業員は250人(パート・アルバイト含む)。事業内容は立体駐車装置の製造・販売、一括借り上げや駐車場の経営、管理、トータルプランニング、不動産賃貸・売買仲介、不動産コンサルティングなど。