NEWS

  • 地域

博多駅前3丁目に14階建てホテル  山口市の石田屋ホテルズ    10月7日オープン


 ホテル経営の株式会社石田屋ホテルズ(山口市、石田光一郎社長)は10月7日、福岡市博多区博多駅前3丁目に14階建てホテルをオープンする。同社4施設目、福岡県内初進出。
 敷地面積は約880平方m、延べ床面積は4357平方m。総客室数は223室。フロア構成は1階がフロントやレストラン、浴室、2階が浴室と客室、3階から14階は客室。駐車場は19台収容。1泊の宿泊料金は、来年1月末までオープン特価で、シングルが4980円、ツインが8980円、ダブルが7980円。宿泊には無料の朝食バイキングがついている。ビジネスマンや若い観光客などの利用を見込み、売上2億5千万円、来客数4万56百人を年間目標にしている。スタッフは40人。
 同社担当者は「ウェルカムホームというコンセプトで家族のようにもてなすスタイルでリピーターを確保したい」と話している。同社は2000年に山口市、2005年に広島市に同規格のホテルを出店している。今後は広島、福岡市内に複数店舗の展開を予定しているという。