NEWS

  • 地域

博多駅前に餃子店  福岡市博多区の高倉さん    2階建て店舗、44席


 福岡市博多区の高倉克仁さんは、7月7日、同区博多駅前1丁目に餃子店「博多一口餃子 一虎」を出店した。
 場所は大博通りの祇園交差点西側、アカチャンホンポ向かい。賃貸の2階建てで、店舗面積は1階が52平方m、2階が30平方mの計82平方m。客席数は1階がカウンターとテーブル席の24席、2階が座敷の20席の計44席。従業員数は6人で、店長は高倉さんが務める。ランチメニューは、ラーメン・ご飯・餃子のセット(680円から)と、ラーメン・焼き飯のセット(700円から)で、ラーメンは6種類の中から選ぶことができ、種類によって料金が変更する。夜は居酒屋となり、焼き餃子(8個320円)や水餃子、炊き餃子、揚げ餃子をメーンに、一品料理、ラーメンなどを提供する。アルコール類も多数揃え、飲み放題のみで1500円、焼酎のボトルキープが1800円、4人以上の来店でボトルキープ1本目が500円などのサービスを設定している。営業時間はランチが午前11時から午後3時まで、夜が午後5時から午前零時まで。定休日は日曜日。ターゲットは30代から50代の近隣のサラリーマンで、客単価2500円を見込む。年間売上目標は3000万円。高倉さんは「何度も足を運んでいただける大衆居酒屋を目指しており、手頃な価格設定、メニュー構成にした。これから地域に密着したお店にしていきたい」と話している。高倉さんは大阪府堺市出身。1975年12月10日生まれの33歳。藤蔭高校卒。趣味はゴルフ。