NEWS

    博多駅中央街のホテルでコロナ患者受け入れ  RNTホテルズ


    週刊経済2021年2月2日発行

    216室、3月末日まで

    ロイヤルHDグループでホテル事業を展開するアールエヌティーホテルズ㈱(東京都世田谷区、山本浩平社長)は、1月27日から福岡市博多区博多駅中央街の「リッチモンドホテル博多駅前」(216室)を新型コロナウイルス無症状者、および軽症者の宿泊療養施設となった。3月31日まで。
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療提供体制、療養体制のひっ迫が懸念される中、県からの要請に応えたもので、リッチモンドブランドとしては県内では「福岡天神」に次ぐ2施設目。対象は新型コロナウイルスの判定が陽性で、無症状者、または軽症者。期間中は一般宿泊の利用や予約受け付はせず、接触がないよう十分なゾーニング対策を行うほか、部屋は必要最低限の備品以外は撤去する。従業員の勤務は2人以上(24時間)を予定している。
    同社では「役割、責任をしっかり果たし、新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息に向けて取り組んでいく」としている。