NEWS

  • 地域

博多織の歴史を一般公開  サヌイ織物    12月5,6日


 博多織製造・販売の株式会社サヌイ織物(福岡市西区小戸3丁目、讃井勝美社長)は、12月5、6日に同所で博多織の歴史を一般公開する「博多織祭り」を開催する。今回で2回目。
 博多織の歴史、商品を知ってもらい、博多織の認知度向上を目指す。場所は同社内の博多織工芸館で、今回は同業者の黒木織物有限会社や森博多織株式会社など5社と協力し博多織についての講話や通常公開していない歴史資料を一般公開する。また、手織り体験や工房見学、織物を特化価格で販売する。来場者は前回を上回る700人を予定している。同社では「12月6日に開催される国際マラソン選手権大会のコースエリアに工芸館が位置しているため、当日の応援者が舞い込んでくることも期待できる。前回よりも賑わうイベントにしたい」と話している。