NEWS

  • 地域

博多区店屋町に福岡支店開設  SCGホールディングス    初拠点


 土木工事業の成斗建設株式会社を中核に、建設・建築、貿易事業などを手掛けるSCGホールディングス株式会社(北九州市八幡西区黒崎3丁目、船曵憲一CEO)は来年1月、福岡市博多区店屋町に福岡支店を開設する。初拠点。
 福岡市と近郊エリアに既存顧客が多いことから、サービス向上を図るもの。グループ傘下で温浴施設「博多の森 湯処 月の湯」(福岡市博多区東平尾1丁目)運営のアルドーレ株式会社と成斗建設を中心に営業を強化する。場所は通称大博通り沿い、南日本銀行福岡支店北西側の「博多アーバンスクエア」9階。オフィス面積は約99平方mで、スタッフは3~4人体制でスタートする予定。船曵CEOは「従業員のスキルアップとともに事業拡大につなげていきたい」と話している。
 同社は2012年3月設立、資本金5000万円、従業員50人(グループ)。傘下に建設業の成斗建設株式会社、建築資材の卸、小売業の株式会社SPS、溶接機材、資材販売の株式会社トーエイ商事、温浴施設運営のアルドーレ株式会社を持つ。船曵CEOは北九州市若松区出身、1969年9月30日生まれの44歳、九州産業大学経営学部卒、趣味はドライブ、マリンスポーツ。