NEWS

  • 地域

博多区店屋町に洋風レストラン  石橋工業    10月15日


 精麦業の石橋工業株式会社(筑後市大字山の井、石橋通良社長)は、10月15日、博多区店屋町7丁目のビュッフェレストラン「サイカフェ」を洋風レストラン「カジュアルダイニングナナクラ」に業態変更し、リニューアルオープンした。
 旬の野菜と麦をメーンにしたビュッフェレストランを同所で運営していたものをリニューアルした。場所は土居町郵便局東側。客席数は70席。客単価は1000円~2000円。メニューはご飯、味噌汁、サラダが食べ放題で、ステーキやハンバーグなど。営業時間は昼間が11時30分から14時30分、夜が18時から22時30分。同社は「店内に大型プロジェクターを設置したので、スポーツ観戦しながら食事を楽しんでほしい」と話している。
 同社は1947年7月設立。資本金4300万円。07年3月期売上高が31億円。石橋社長は八女市出身、1948年12月28日生まれの60歳。法政大学経済学部卒、趣味は仕事。