NEWS

  • 地域

博多区吉塚1丁目にカフェ  T‐FLOW    初年度売上高7000万円目指す


 カフェ経営の株式会社T-FLOW(福岡市博多区吉塚1丁目、工藤智美社長)は4月29日、同町にカフェをオープンする。初出店。
 店名は「Kichi‐‐Kichi」(キチキチ)。場所は、吉塚小学校南側にあった、無印良品「箱の家」モデルルームを改装し出店するもの。敷地面積は約241平方m、2階建てで延べ床面積128平方m。客席数は店内49、テラス12で1階は10人が座れるテーブル席、2階は一人用の客席やソファー席を設置。2階にはパソコンやシューズ、子どもの遊具を入れる月極めのロッカーがあり、キッチン付きのレンタルスペース(約20平方m)では料理教室などのワークショップスペースとして活用できる。また店内にはおむつ替え台や授乳室も備える。窓が多く、吹き抜けがあり、開放的な雰囲気となってる。
 メニューは明太トースト(230円)、ギュースジバターカレー(800円)、自家製生パスタ ソルトチキンバターソース(800円)などで、客単価は1100円を見込み、初年度売上高7000万円を目指す。
 営業時間は日~水曜日が午前9時30分~午後7時まで、金~土曜日が同~午後10時まで(木曜日、第一日曜日定休)。店舗責任者は工藤社長が務め、6人で運営する計画。工藤社長は「さまざまな世代や生活環境の違う方々に来店していただき交流できる場所をつくりたい。公民館のようなカフェにしたい」と話している。
 同社は2013年9月設立。資本金100万円。従業員2人。工藤社長は、福岡県出身。1975年4月27日生まれの38歳。太宰府高校卒。趣味はドライブ。