NEWS

  • 地域

博多区冷泉町に3店目の缶詰バー  ニューガイア    世界300種類の缶詰を提供


 太陽光発電事業の芝浦グループホールディングス株式会社の関連会社で不動産業の株式会社ニューガイア(北九州市小倉南区上石田4丁目、新地洋和社長)は7月1日、福岡市博多区冷泉町に缶詰バー「mr.kanso(ミスターカンソ)博多祇園」店をオープンした。
 昨年9月に同バーの九州・沖縄エリアFC本部として契約を締結したもので、直営は天神本店、キャナルシティ前店に次ぐ3店目。注文毎に商品を精算するアイリッシュパブなどと同様のキャッシュオンデリバリー方式で、200円~2000円の世界300種類の缶詰と、ビールや焼酎などの酒類が楽しめるのが特徴。
 場所は博多町屋ふるさと館の北隣のビジネスホテル「ホテルニューガイア博多」1階で、店舗面積はテラス部分28平方m含む51平方m。座席数はテラス席15席含む計20席。営業時間は午後5時半~午前1時半で不定休。同社では「日持ちする缶詰を扱うので食材ロスのリスクが低く、小スペースでも開業できるのが強み。FC展開も進めたい」と話している。
 同社は2005年11月設立。資本金1億円。従業員25人。