NEWS

  • 地域

博多区住吉4丁目の店舗をリニューアル  ロイヤルホスト    店名は「ザ・プレミアムロイヤルホスト」に


 ロイヤルホールディングス子会社のロイヤルホスト株式会社(東京都世田谷区桜新町1丁目、矢崎精二社長)は4月4日、福岡市博多区住吉4丁目の「カフェ ロイヤル パーク」をリニューアルした。
 同店は「自家製パン、お野菜&デザートビュッフェ、ライト洋食」をコンセプトに、女性向け新業態店として2013年3月に開業。今回のリニューアルでは、同業態のバージョンアップ版として、好評だった前菜メニューや自家製パンといったこれまでの要素に加え、新たにロイヤルホストで提供する料理なども追加し、メニューの充実を図った。これに伴い店名も「ザ・プレミアムロイヤルホスト」に変更。同店をプロトタイプに位置付け、今後は他地域への出店も検討する。
 場所は通称住吉通り沿いの住吉神社向かい。店舗面積は約392平方m、席数は130席。

 四国の特産品を使用した料理フェアを開催

 また同社では4月8日から、瀬戸内・土佐の12品目の地元食材を使用した新作料理フェアを、ロイヤルホスト全店(229店舗)で実施している。6月16日まで。
 2014年からスタートした日本の食材に着目するフェア「Good JAPAN」の第一弾として行うもの。今回のフェアでは真鯛、ちりめんじゃこ、真ダコ、アナゴ、わかめなどの海産物に、フルーツトマト、柑橘類の清見、アズパラガス、みょうが、有機ゆずなどの農産物、さらに調味料は馬路村ゆずぽん酢を使用。メーンメニューでは「宇和島の真鯛ピラフZen」(税込1814円)、「黒毛和牛と黒豚の粗挽きハンバーグ~オリジナルゆずぽん酢ソース~」(同1230円)をはじめとするシーフード料理3品と肉料理2品を提供するほか、清見やゆずを使用した新作デザート3品も販売する。