NEWS

  • 地域

博多区中洲4丁目に鉄板焼き店  G.B.C    11月18日オープン


 店舗設計・施工、飲食店舗企画の株式会社G.B.C(福岡市中央区舞鶴1丁目、松崎弘志社長)は、11月18日、同市博多区中洲4丁目に鉄板焼きの店「花門亭」を出店する。
 同社は今年2月、東鳳物産(神戸市中央区下山手通3丁目、坂平浩章社長)が展開するお好み焼き店「花門亭」のフランチャイズ加盟店として同市中央区大名に1号店を出店。同社の出店は今回で2店目となる。場所は国体道路、春吉橋東交差点北側、第2タワービル1階。店舗面積は56平方mで座席数は31席。20種以上のお好み焼きを揃えており、だしに付けて食べるのが特徴。かすうどん、姫路おでん、のり巻き、丹波牛の生肉など神戸の料理を中心に80種以上の鉄板焼きを揃える。営業時間は午後6時から翌朝7時まで。客単価は4000円前後で、オープンから1年間の売上高目標は6000万円。スタッフ10人。
 同社は、福岡市内で沖縄料理や秋田のきりたんぽ鍋など各地方の料理を取り入れた「春夏秋冬宴紀行 弁天」とくずし割烹料理店「いとちいさき」を展開している。