NEWS

  • 地域

博多区中洲2丁目に屋台風飲食店  テーブルブレイン    午前11時半から翌4時営業


 飲食店経営の株式会社テーブルブレイン(糸島市前原中央2丁目、洲之内明夫社長)は6月6日、福岡市博多区中洲2丁目に屋台風飲食店「中洲二丁目屋台」をオープンした。
 居酒屋「博多処ふくの家」(糸島市)、「博多15ラーメン」(福岡市中央区)に次ぐ3店舗目。午前11時半から翌日午前4時まで年中無休で営業し、ビジネスマンをメーンターゲットに昼間の観光客も取り込む。場所はめんたいこのふくや中洲本店の南隣で、同社が株式会社ふくやから土地を借り、店舗を運営する。店舗は平屋建てで床面積は約122平方m。客席数は屋台風のカウンター席、テーブル席を合わせ60席。団体客にも対応する。とんこつラーメン(590円)やもつ鍋(1200円)、水炊き(同)のほか、ふくやのめんたいこを使ったメニューやギョーザ専門店「宝雲亭」の博多一口餃子を提供する。客単価は昼間800円、夜間2500円を見込み、初年度売り上げ目標は1億5000万円。また、持ち帰りメニューとしてラーメンやもつ鍋、水炊きのスープで炊いたおこわを用意しており、軌道に乗れば通信販売展開も視野に入れている。スタッフは藤瀬誠也店長を含む6人。洲之内社長は「歓楽街として有名な中洲に、食や土産などの観光要素を提案していきたい」と話している。
 同社は2012年4月設立。資本金100万円。従業員30人。の2店舗を経営している。