NEWS

  • 地域

南区的場1丁目にJA日佐と2店舗の複合施設  福岡市農業協同組合    来年7月上旬に移転オープン


 福岡市農業協同組合(福岡市中央区天神4丁目、倉光一雄組合長)は、現在、同市南区的場1丁目に2階建てJA日佐(おさ)支店および平屋建ての直営直売所、アグリ事業センターの3施設で構成する複合施設を建設している。オープンは2010年7月上旬。
 これはJA日佐支店事務所の老朽化に伴い、同支店を新築移転するとともに、同市南区日佐2丁目のアグリ事業所「東グリーンセンター」を同地に移転集約。さらに、農産物直売所「博多じょうもんさん日佐市場」(仮称)を新設することで、地域農産物および関連商材の物流促進、販売強化、同施設の利用拡大を図るのが狙い。同組合取扱店舗で、2店舗以上の複合施設を計画するのは今回が初めて。直売所の開設は、入部市場に次いで5店舗目となる。場所はJR博多南線高架沿い、西鉄ストア的場店西隣。敷地面積は1903・07平方m、建築面積は764・21平方m(3施設)、延べ床面積は1200・2平方m(同)。内訳はJA日佐支店の事務所面積が159・86平方mで、事務所、応接室、相談コーナー、倉庫を設置。東グリーンセンターが同54・94平方mで、倉庫(60・3平方m)を併設する。博多じょうもんさん日佐市場(仮称)の売り場面積は187・14平方mで、開設後は福岡市内の農家が生産した野菜を中心に販売する計画。駐車台数は30台。同組合では「この複合施設は3施設をL字型に配置しているのが特徴。個々の施設の利点を一体化させることで、新しいサービスとモデルケースを構築するなど、今後も農業従事者の生産意欲向上、地域活性化に力を入れていきたい」と話している。
 同組合は1962年10月に発足。出資金は42億円。職員数は612人(09年10月現在)、組合員数は2万6417人(同)。