NEWS

  • 地域

南区向井2丁目に本社を移転  メディカルアイズ    整骨院とトレーニング室を併設


 整骨院の経営などを手掛ける株式会社メディカルアイズ(岩元一晃社長)は10月1日、本社を福岡市博多区築港本町13番地から同市南区向井2丁目に移転する。
 学校が周辺地域に多くある同町に本社を移転し、同社が運営する整骨院とスポーツ専用のトレーニングスタジオを同じ建物内に入居させることで、近隣の中学・高等学校の体育会系の部活動との連携を図るもの。場所は、同区野間2丁目にある筑紫丘高校の北側にある第2酒井ビル。敷地面積123平方m、延べ床面積245平方m。1階に60平方mの整骨院「アイズスポーツ整骨院高宮通り本院(仮)」を開設し、66平方mのトレーニングスタジオ「アイズトレーニングスタジオ(仮)」を2階に設け、同スタジオと同じ広さの事務所が3階に入る。整骨院は3店舗目で、店内には施術用のベッドを3台設置。初診料は1500円。2回目は1000円で、3回目以降は500円(超音波治療などのオプション代は除く)。トレーニングスタジオは2店舗目で、トレーニング用の自転車マシーンなどを導入する方針。月会費は6000円。本社には柔道整復師の資格を持つ従業員を6人配属する計画で、営業時間は両施設ともに午前10時から午後10時まで。
 岩元社長は「体育会系の部活動生をサポートすることで、福岡県の学生スポーツの発展に貢献したい」と話している。
 同社は2012年7月設立。資本金100万円。従業員は18人。