NEWS

  • 地域

医学検査分野の研究支援事業がスタート  LSIメディエンスと九大TLO    7月28日


 臨床検査の受託や予防医療関連サービスを手掛ける株式会社LSIメディエンス(東京都千代田区、吉原伸一社長)と産学官連携事業を手掛ける株式会社産学連携機構九州(福岡市早良区、前田真社長:九大TLO略)が共同で立ち上げた医学検査分野の研究開発、研究支援事業が7月28日、スタートした。
 今年4月、主に医学検査分野の研究開発および医学研究支援を行う産学官連携事業組織「九州プロサーチ有限責任事業組合」を設立し、今回事業化に踏み出したもの。研究開発においては、九州大学などの研究機関との共同研究を通じて、オミクス技術(生体内の特定の機能成分について、1試料で多数種類を一度に網羅的に計測・解析する技術)などを活用した医学検査に供する新しい診断・測定分析技術の実用化を進めていく。また、専門知識を生かして、研究の計画段階からの分析の提案・支援を行い、分析結果の検証や追加分析の提案まで、ライフサイエンス研究が必要とする測定分析部分の研究支援も行っていく方針。出資金は100万円。
 株式会社LSIメディエンスは、2007年4月設立。資本金30億円。株式会社産学連携機構九州は、2000年1月設立。資本金1000万円。