NEWS

  • 地域

北京の見本市に初出展  ブレーンコスモス    10月にはインドネシアで出展も


 健康食品や化粧品の製造、販売を手掛ける株式会社ブレーンコスモス(福岡市中央区渡辺通2丁目、西村智社長)は6月9日、中国・北京で開催される見本市に初めて出展する。
 アジアへの販路拡大の一環として参加するもの。イベント名は「北京インターナショナルビューティトレードフェア2016」で、自社商品の化粧品と健康食品約50アイテムを展示する。同社では4年前から本格的に輸出事業をスタートし、当初はアリババインターナショナルの法人会員に登録し自社商品のプロモーションを展開していたが、アジアの取引先が増えたことを機に昨年から中国やベトナム、タイなどのアジアを中心に展示会への参加を開始。この5月には北京で開催された見本市「China Beauty Expo 2016」やタイで開催された「Asean Beauty 2016」にも出展した。10月には初となるインドネシアのジャカルタの展示会への参加も計画しており、今後もアジアでさらなる販路拡大に力を入れる。西村社長は「取引実績のある国は中国、台湾、香港、タイ、ベトナムなどアジアを中心に増えており、現在代理店は50社以上にも上っている。今後も大いに伸びていくマーケットであると確信している」と話している。