NEWS

  • 地域

北九州市小倉南区上貫で宅地造成11区画  辰巳開発グループ    完成は11月30日


 宅地開発の辰巳開発グループ(北九州市八幡西区、今村重記社長)は、小倉南区上貫3丁目で戸建て分譲地11区画の造成工事を進めている。完成予定は2013年11月30日。
 場所は西鉄「荘八幡宮前」バス停から徒歩5分で、宅地名は「ポコタウン上貫」。開発面積は2765平方m。1区画の敷地面積は191平方mから235平方m。販売価格は887万円から1055万円。現在8区画を販売している。太陽光発電など環境対応型設備を導入したスマートハウスが特徴の分譲地。同社では「北九州空港やインター出入り口に近く、交通の利便性が高い。近隣にスーパーやショッピングセンター、公園が揃い、快適さと利便性が高いエリア」と話している。
 同社は1980年8月創業設立。資本金は7000万円。事業内容は不動産売買・代理業。2013年7月期売上高は60億円。グループ会社は、辰巳開発株式会社、辰巳住宅株式会社、辰巳住研株式会社、株式会社アメニティ辰巳、株式会社田舎暮らし。従業員は85人。