NEWS

  • 地域

北九州市小倉北区に支社を拡張移転  山下医科器械    SPDサービスの受注拡大で


 医療用機器・消耗品卸業の山下医科器械株式会社(福岡市中央区渡辺通3丁目、山下尚登社長)は6月28日、北九州支社(北九州市小倉南区)を同市小倉北区に拡張移転した。
 院内物品管理「SPD」サービスの受注拡大で倉庫が手狭になったため平屋建てを一棟借りした。場所は県道63号沿い、蒲生八幡神社南側。敷地面積1798平方m、フロア面積5百平方mで、これまでの6・3倍。駐車場は37台収容。従業員は28人体制。同社では「良質な医業経営をサポートするため、さらにSPDサービスを充実したい」と話している。