NEWS

  • 地域

北九州市小倉北区に建売集合住宅12戸  東宝住宅    完成予定は14年10月上旬


 宅地開発の東宝住宅株式会社(北九州市小倉北区、東憲和社長)は、同市小倉北区妙見町に建売集合住宅12戸を建設している。完成予定は2014年10月上旬。
 場所はバス停「妙見橋」から徒歩8分。総敷地面積は1882平方m、建築面積は631平方m、延べ床面積は1170平方m。木造で連棟式2階建てとなり、専有面積は94平方mから100平方mで、間取りは3LDKと4LDK。駐車場は各住戸2台収容。宅地名は「フェアリータウン妙見」。設計施工も同社が行う。同社では「近日中に発売する。マンションと戸建ての魅力を融合した新しい居住形態で、子育て環境に適している」と話している。
 同社は1967年7月設立、資本金は4620万円、事業内容は土地造成工事販売、分譲マンション・住宅建設販売、木造住宅請負工事、造園業、土木建築資材販売。関連会社は東宝ホーム株式会社。