NEWS

  • 地域

北九州市のくすりの鶴美堂を完全子会社化  さいたま市の富士薬品    全国販売網の構築を加速


 医薬品の配置薬販売事業を手掛ける株式会社富士薬品(さいたま市大宮区桜木町4丁目、高柳昌幸社長)は12月1日付で、医薬品販売の株式会社くすりの鶴美堂(北九州市戸畑区三六町、吉村企右社長)の全株式200株を取得し、完全子会社化した。
 北九州、下関地区でドラッグストアを経営する同社を子会社化することで、全国販売網の構築を加速させるのが狙い。くすりの鶴美堂は1979年9月設立。従業員34人。決算期は8月。ドラッグストアを10店舗展開している。富士薬品は1930年創業、54年4月設立。資本金3億1455万円。従業員4171人(13年3月末)。薬局・調剤薬局396店舗(同)。