NEWS

  • 地域

北九州市に「八幡東店」オープン  ミスターマックス    売り場面積7200平方mのスーパーセンター


 大手ディスカウントストア・株式会社ミスターマックス(福岡市東区松田1丁目、平野能章社長)は6月6日、北九州市八幡東区に「MrMax八幡東店」をオープンする。北九州市内では4店舗目、全体では56店舗目。
 家電製品や日用雑貨、衣料、医薬品など総合ディスカウントストアとしての従来の品揃えに、野菜や肉、魚などの生鮮食品や惣菜、ベーカリー売場を組み合わせた「スーパーセンター」業態での出店で、場所は同区東田1丁目、JR八幡駅の北側の東田1丁目交差点の角。敷地面積は2万1984平方m、同社の売場面積は7199平方m。同社のほかに菓子店と銀行ATMの2店のテナントも入居する。駐車場は383台収容。初年度年商目標は38億円。従業員は渡辺誠店長以下103人(社員13人、パート約100人)。
 八幡東区は、官営八幡製鐵所発祥の地として製鉄業で栄えた地区で、近年では製鐵所遊休地(東田地区)が区画整理され、産業や商業、文化、娯楽、住宅の混合都市として再開発が進んでいる。