NEWS

  • 地域

北九州市と連携し、高校生の新卒採用開始  東京都のTMJ    採用予定6人


 コールセンターや事務処理センターの構築、運営の株式会社TMJ(東京都新宿区、丸山英毅社長)は、6月1日付で北九州市と連携して同市内の高校新卒、既卒生の採用を開始した。採用予定は6人。
 2002年の北九州センター拠点開設以降、多くの採用を実施し、雇用を創出してきたが、労働需給の改善や人口の減少などで雇用環境が変化し、優秀な人材の確保を難しくなってきた。そこで業務受託の拡大と計画的な人材育成を目的に、若年層の採用枠を拡大する。高卒採用は同社初。募集概要は北九州市内の高校に通う新卒・既卒者が対象で、今年7月から同市内の各高校への採用企業情報を提供し、9月から面接を開始する。雇用区分は職種・地域限定正社員。職務は管理者候補として採用。数年の就業経験を経て管理者登用ができるようなキャリアパスを策定する予定。同社では「今後も全国に展開する拠点で若年層の採用枠拡大を計画していきたい」と話している。