NEWS

    北九州市で海外ビジネス支援セミナー 下関市の山口フィナンシャルグループ


    定員50人

    北九州銀行、山口銀行、もみじ銀行などで構成する㈱山口フィナンシャルグループ(下関市竹崎町4丁目、吉村猛社長)は5月29日、北九州市小倉北区浅野3丁目の小倉AIMビルで「YMFG海外ビジネスセミナー」を開催する。
    海外展開中の企業や、進出を検討する地場企業の経営者から需要の高い、為替相場の動向や企業経営の課題解決に有効な海外展開について説明する。1部では海外進出コンサルなどの㈱Tryfundsの田上純最高戦略責任者(CSO)が「海外進出は魔法の杖か」と題して講演。2部はJPモルガン・チェース銀行東京支店の佐々木融市場調査本部長が「2019年下半期の為替相場見通しについて」説明する。時間は10時~12時30分で、定員は50人。参加費は無料で、24日まで申し込みを受け付ける。同社では「地域の海外事業に関する多様な課題を解決したい」と話している。

    2019年5月14日発行