NEWS

    創業者の松清会長が社長に復帰  アジアフューチャー


    河東社長は退任、塚田韓国所長が取締役に

    韓国に特化した広告、人材紹介業を展開するアジアフューチャー㈱(福岡市博多区博多駅前1丁目)は5月7日付で、新社長に松清一平会長が復帰した。会長職は置かない。新取締役に塚田安紗美韓国事務所長が昇格した。河東実社長は退任。
    河東社長が代表を務めるウェブサイト制作などのイチマルイチデザイン㈱(福岡市博多区古門戸町)の経営への専念と、後継者育成を図るため創業者の松清会長が社長職に復帰したもので、アジアフューチャーとイチマルイチデザインは業務提携を結んだ。また、韓国語能力と、韓国の大学との関係構築など事業対応の姿勢、働き方改革への取り組みを評価し、将来の代表者候補として育成するため塚田韓国事務所長を取締役に新任した。  松清社長は福岡市中央区出身、1971年3月3日生まれの49歳、九州大学経済学府産業マネジメント専攻、94年4月九州朝日放送入社、2007年12月に㈱ホスピタブル(現アジアフューチャー)を創業。18年アジアフューチャー会長に就いていた。趣味は沖縄三線。
    塚田取締役は佐賀県出身。1994年4月7日生まれの26歳。福岡大学人文学部卒業後、2018年4月ホスピタブルにインターンとして入社。現在、韓国事務所長に就いていた。趣味は外国語学習。塚田取締役は「優秀な韓国人材と日本企業をミスマッチなく、繋いでいきたい」と話している。
    役員は以下の通り。
    ▼社長(会長)松清一平▼取締役 禹承旼、韓国事務所長塚田安紗美▼退任 (社長)河東実

    2020年6月9日発行