NEWS

  • 地域

創業支援で業務連携・協力の覚書締結  西日本シティ銀行と日本公庫、県信用保証協会など


 株式会社西日本シティ銀行(福岡市博多区博多駅前3丁目、谷川浩道頭取)と株式会社日本政策金融公庫(福岡支店・同区博多駅前3丁目、池隅剛志支店長兼国民生活事業統轄)、福岡県信用保証協会(同区博多駅南2丁目、牛尾長生会長)、株式会社NCBリサーチ&コンサルティング(同区下川端町、古賀恭介社長)は10月22日、「創業支援等に係る業務連携・協力に関する覚書」を締結した。
 今回の業務連携・協力で、西日本シティ銀行グループと日本公庫、県信用保証協会がそれぞれの業務特性を生かしながら、相互にノウハウを補完、共有し、創業前の準備段階から創業時の資金調達、創業後の事業安定まで事業者に質の高いサポートをワンストップで提供していく。
 創業計画書の策定支援面では、「認定支援機関」である西日本シティ銀と、創業分野で高いノウハウを持つ日本公庫が、創業計画書の策定から創業に関するさまざまな相談までサポートする。創業資金支援面では、豊富な実績を持つ西日本シティ銀と日本公庫と県信用保証協会が連携し、創業時に必要な資金ニーズに対応。創業者に対するフォローアップ面では、県信用保証協会が紹介する中小企業診断士が、創業者に対して経営指導や経営相談を実施する。また、西日本シティ銀と日本公庫の融資を利用した創業者に対して、同銀行と同公庫、NCBリサーチ&コンサルティングが連携し、販路拡大や、財務・法務知識の向上など、経営を軌道に乗せるためのフォローアップセミナーを開催する。第1回目のセミナーは、来年1月以降の開催を予定している。