NEWS

    初のPB商品を発売 福岡魚函


    漬けダレと鯛だしの2種類

    発泡スチロール製造・販売の福岡魚函(福岡市中央区長浜3丁目、白木隆一社長)は9月10日、初のPB商品として調味料2種を発売した。
    商品名は「うまたれ」と「鯛のしずく」。同社運営のネットショッピング店「博多魚匠」の楽天市場店とYahooショッピング店で販売する。うまたれはゴマ入りの甘めダシ醤油でタイやサバ、アジなどの刺身と合わせることで簡単に漬けがつくれるもの。鯛のしずくは糸島産天然真タイを100パーセント使用しており、鯛めしや鯛茶漬けなどさまざまな料理に使える10倍濃縮タイプ。うまたれが150㎖ボトルで650円(税込み)、鯛のしずくが300㎖瓶詰めで1800円(税込み)。鯛のしずくは3本セットでも販売しており、5400円(税込み)となっている。
    白木社長は「今後も新しい取り組みとしてPB商品を増やしていきたいと構想している」と話している。
    同社は1961年設立。資本金2000万円。売上高16億5000万円(19年1月期)。従業員数60人。

    2019年9月25日発行