NEWS

  • 地域

処方せん不要の風邪薬など3種販売  九州メディカル    天神1丁目の調剤薬局で


 調剤薬局経営の株式会社九州メディカル(北九州市小倉北区大手町、波多野稔丈社長)は、11月16日、天神ココフル薬局(福岡市中央区天神1丁目)で風邪薬など処方せん不要の「薬局製剤」の販売を開始した。
 薬局製剤とは、風邪など日常生活でかかる可能性のあるちょっとした病気に対処するために選ばれた医薬品類で医師の処方せんがなくても薬剤師の処方のもと調合販売できるもの。小ロットで手軽な価格で提供できるのが特徴。当面は風邪薬、熱冷まし、頭痛薬の3種類を取り扱う。今後30種類を目標にし、下痢止め、整腸剤なども提供していくという。波多野社長は「急な体調不良時など、有効活用してほしい。反応を見て他店舗での販売も検討していく」と話している。
 同社は1987年11月設立。資本金6300万円。従業員数64人。11月18日現在、北九州市5、久留米市1、広島県福山市1、福岡市1店舗の計8店舗を展開。今期(10年3月期)から5カ年で県内中心に14店舗の出店を計画。今期は6月に広島県福山市の「東手城ココフル薬局」と、10月に初の試みとなるドリンクバーを併設した冒頭の店舗の2店舗を出店している。09年3月期売上高は12億円。波多野社長は北九州市小倉北区出身。1971年6月30日生まれの38歳。千葉大学薬学部卒。趣味は空手。