NEWS

  • 地域

冬のボーナス、人員減で支給額微減  福岡県    一般職平均は79万6500円


 福岡県では12月10日、職員へのボーナス(期末・勤勉手当)を支給された。一般職員の平均支給額は前年同月比0・6%減の79万6498円(平均44歳10カ月)となった。
 知事などの特別職を含む総支給額は423億6100万円で同1・0%減。微減の理由は支給者数が減った(前年同月比70人減の4万9797人)ほか、基礎となる給料の水準が低下したためとしている。一般職の支給月数は2・05カ月で前年同月と同じだった。
 特別職の支給額を見ると、知事は同20%減の252万2718円、副知事は同15%減の214万4311円、教育長は同12%減の180万8883円。これらの特別職は国の要請に応じた割合で支給額を引き下げている。県議会議長、議員などの特別職は前年とほぼ同水準を支給されている。
 最近の平均支給カ月は07年の2・37カ月をピークに、リーマンショックによる民間企業の収入源を背景に09年に2・0カ月に。ここ3年は2・05カ月の水準が続いている。