NEWS

  • 地域

八木山バイパス13・3キロが無料化  西日本高速道路    10月2日か午前零時から


 西日本高速道路株式会社九州支社(本間清輔支社長)は、10月2日午前零時から篠栗町と飯塚市を結ぶ八木山バイパスを無料化する。
 9月30日に料金徴収期間の満了によるもの。無料化区間は篠栗料金所(糟屋郡篠栗町)―穂波東(飯塚市)間までの13・3キロ。これに伴い道路の管理は西日本高速道路株式会社から国土交通省に移管されるほか、来年2月頃までに篠栗料金所の撤去工事が行われる。
 八木山バイパスは国道201号の難所といわれる八木山峠の交通渋滞緩和を目的に整備された暫定2車線のバイパス道路。85年2月に供用を開始、2010年6月から1年間、無料化による社会実験が行われていた。