NEWS

  • 地域

八幡東区茶屋町に3階建て賃貸アパート建設  キミヱコーポレーション    11月末完成


 投資用アパート建設、販売のキミヱコーポレーション株式会社(福岡市博多区博多駅東3丁目、田中勝也社長)は11月末完成を目指し、北九州市八幡東区茶屋町に賃貸用アパートを建設している。
 場所は八幡茶屋町郵便局南側の住宅街。敷地面積は474・51平方m。木造3階建てで、延べ床面積は459・96平方m。間取りは2LDK(専有面積50・92平方m)。総戸数は9戸。田中社長は「10畳のリビングには新婚層に人気の対面式キッチンカウンターを採用した」と話している。
 同社は2003年7月設立。資本金は1000万円。福岡市や北九州市を中心に、これまで80棟・1000戸(2013年3月末現在)の建設を手掛けてきた。田中社長は北九州市出身。1964年4月21生まれの50歳。早稲田大学卒。趣味はゴルフ。