NEWS

  • 地域

八代SCをリニューアルオープン  イオン九州    食品で簡便商材強化


 イオン九州株式会社(福岡市博多区博多駅南2丁目、山口聡一社長)は4月25日、熊本県八代市のイオン八代ショッピングセンターをリニューアルオープンした。
 今回は核店舗であるイオン八代店の売り場をリニューアル。1階は食品と美容・健康関連のフロアで、食品では高齢化や家事軽減などに対応した総菜売り場の拡大や手軽に家庭で調理できる簡便商材などを強化したほか、地産地消の取り組みの一環として地元生鮮品の取り扱いを増やした。2階は雑貨も含めたファッショントータルフロアとして集約、シニアも含めたファミリー層全体に対応している。
 同SCは2004年11月開店、店舗面積は2万3320平方mでイオン八代店のほかライトオン、スポーツオーソリティを核店舗とする複合商業施設。駐車場は1745台収容。